ピンからキリまであるフリーランスの職場

エンジニアは独立して仕事を請け負うようになると様々な職場に出入りするようになりやすい。
その職場の状況はいつも同じということはなく、ピンからキリまであることは留意しておかなければならない。

独立したエンジニアは仕事の獲得方法に注意することが肝心であり、安易に報酬が高い仕事を選んでしまったがために苦労しているエンジニアもいる。
常駐型の仕事を選んだときに職場での待遇が問題になることはしばしばある。
契約の上では勤務時間の拘束が少なくても、あまりに多忙な現場になっていて実質的にオーバーワークになってしまう場合も少なくはないようだ。
逆に必死に働きたいのに健全な形で定時通りに働かなければならない職場もある。
フリーランスをしていると請負をすることもあるが、職場に完成物を持っていったときにクレームが多い顧客もいれば、すぐに受け入れてくれる顧客もいる。
その良し悪しによって仕事の大変さにも大きな差が生じるため、過酷な状況に陥らないようにする対策が必要になる。

フリーランスの仕事の獲得方法としてエージェントを利用すると、過酷な労働条件に置かれるリスクは低減させることができるだろう。
現場をよく理解しているエージェントに状況の説明を求めると、自分の望んでいる形で働けるかどうかが明確になるからである。
ただし、現場の理解度についてはエージェントによって差が大きく、確かな情報を掴んでいるエージェントかどうかはよく吟味しなければならない。