仕事獲得のプロセスにやりがいを見つける

独立して働きたいと考えてきたエンジニアが望んでいるものとして代表的なのが、自分のスキルと興味に合った仕事だけに従事していきたいということである。
実際にフリーランスを始めるとそれまでのキャリアに従ってやりたい仕事に従事することができ、それがやりがいに感じられる人は多い。

ただ、フリーランスをして仕事に従事していくことに対するやりがいはそれだけに留まらないことも少なくない。
仕事の獲得方法として自分から企業に対して営業活動を行うというスタイルが古くから選ばれてきている。
エージェントを活用するのが主流になっているものの、挑戦的なエンジニアほど営業活動を重視して自分から仕事を獲得することを望む場合もある。
その仕事の獲得のプロセスにもやりがいを感じて適職と感じるエンジニアもいて、特に長くフリーランスを続けてきた人ほどそのような印象を受けやすい傾向がある。

経験を積んでいくにつれて営業活動の際にアピールできるポイントが増えていき、より効果的なアピールの方法は何かと考えるようになりやすい。
それがうまくいくと仕事の獲得につながり、アピールの上手さによって報酬にも違いが生じるという実感を持つようになるだろう。
働くほどアピールポイントが増えてアピールの工夫を凝らせるようになっていき、その結果を踏まえてまた次に生かせるようになっていく。
これを仕事の一環として捉えてやりがいを感じているフリーランスエンジニアもいるのである。