狙い目はニッチな案件

IT業界では独立してフリーランスとなるエンジニアが増えている。
現役で開発業務に関われる期間が短いことも理由だが、自分のキャリアを自分で自由に決めることができるのが利点と言える。

そのようなフリーランスエンジニアを必要とする企業にも、それなりの理由がある。
開発業務の中には、ニッチなスキルや知識を必要とする案件もあるが、そのようなスキルを持つ人材は多いとは言い難い。
かといってわざわざ教育するだけのコストはかけられず、それに見合う成果を生み出すこともできないというような状況はよくある。
そこで自社のスタッフでは対応できないような業務を外注に依頼するというわけだ。
つまりフリーランスのエンジニアは企業が対応できない仕事をこなすためのスキルが求められることになる。

それを考慮して、ニッチな案件を探すという仕事の獲得方法も良い方法の一つだ。
そして獲得した案件の成果物を生み出すために必要なスキルを習得することも必要になる。
習得したスキルはどれも、ニッチなものばかりなので使い回せるものは少ないだろう。
そのために常に新しいスキルを習得することが求められる。
その代わりにあらゆる業務に携わることで、多様な能力を備えることができるようになる。
それを生かしてコンサルタントなどへと転向するエンジニアもいる。
このような人材は開発業務以外にも様々なスキルや経験を積み重ねることができるので、画一的な会社のスタッフでは対応できない業務において有益な成果を生み出す役割を担うようになるのだ。